しあわせ街道 膝栗毛

心豊かに穏やかに。不器用なアラサーによる、ひとり楽しい生き方の模索録。

アラサー独女の、停滞期に思うこと

f:id:kinuyahiro:20220215231924j:plain

買ったばかりのアネモネ

30歳になった今、アラサーという言葉を何となく使えないでいる。

私が「アラサー」と言えていたのは、まだ20代だし、という余裕があったからだったのだと気付く。

 

年齢を重ねる毎に、自分の事、思考、わかることが増えた。

 

ちゃんと自分の事が好き、と言える今。

年々生きやすさを感じる。

年を重ねるのが楽しい。

選択の積み重ねがその人となる。

年齢重ねる毎にそれが人間が表れる。

よって、魅力ある人は益々深みが増すのだと、ようやく気付いたところである。

 

経験を積み、魂を磨き、心身共に良循環で、ちゃんとお役に立てるような人間になりたい。

いい年の重ね方をしたいと思っているこの頃だ。

f:id:kinuyahiro:20220215232353j:plain

暖房の室内で、花開いたアネモネ

だが。

時折、所謂"年頃の独女"であるという部分が顔を出す。

世間様と一緒になって焦らせたり、ナイーブにさせたりと、気持ちの上下がしんどくなるのだ。

 

結婚を望むなら、必要とあらば、その時は来る。

全ては縁とタイミング。

自分がすべきことをして、自分が一番自分らしさを発揮できている時にこそのものだから、大丈夫。

…と私は本気で信じている。

 

しかし、日々変わりない日常と、自分を発揮しない自分と、戻ることができない年齢的焦りに、不安とモヤモヤを常に抱えているこの頃だ。

f:id:kinuyahiro:20220226212543j:plain

真夜中のアネモネ

何より一番問題なのは…

この頃、趣味にも没頭できず、日々なんだか中途半端な生き方をしていること。

 

時間も無限にあると思って、ボケーっとしてしまう。

それを望んでしているのならいいのだけど、"なんとなく"しているのだ。

それがまたしんどくて。

こんな筈じゃない。

もっとメリハリのある人生を送りたいのに、と。

f:id:kinuyahiro:20220226213413j:plain

 

人には、思考の本音と、行動の本音の二種類あるのだそうだ。

思考では、こうしたいこうすべき!と思っているのに、行動ではダラダラすることをしている、などがそうだ。

 

どちらも本音なのに、私の場合は、行動の本音を否定してしまう。

全肯定でも全否定でもない、行動の本音をじわじわと常に否定している状態。

 

基本ぐうたらタイプなのに、何故か理想ばかり高い。

それが四六時中、年中無休。

 

この概念を知り、ああそれはしんどいよね、と客観的に自分を知ることができた。

f:id:kinuyahiro:20220226212227j:plain

 

今、自分が停滞期だなぁと感じる。

 

探しても、縁が無い時は見つからないもの。

割り切りつつ… チェックリストを作り、1つ1つこなしていく。

いやいや、そもそもチェックリストに記入すること、なんなら紙とペンを持ってくることすら面倒なのだけども。

 

それでも、今、この瞬間の選択肢は、二択。

「今を続ける」か「今行動を変えて、満足する時間を過ごす」か。

選択するのは、今までも、今も、これからも、自分だ。

 

停滞期、今は今できるお役目を果たそう。

f:id:kinuyahiro:20220226213722j:plain

夜明けのアネモネ