しあわせ街道 膝栗毛

心豊かに穏やかに。不器用なアラサーによる、ひとり楽しい生き方の模索録。

【大頭神社】新年の神社参拝。境内の滝を独り占め

昨年の秋、初めて参った神社、「大頭神社」。 www.yurubotoke.com 純粋に素敵な場所だったし、そして実は前回、悔いとなっていたことがあったので、また参拝したいと思っていた。 せっかくだったら新年明けて松の内の間に、と思っていたら、休みがあってラッ…

おみくじ帳を作ったら、神社参拝が楽しくなった

おみくじ帳を作ることにした www.yurubotoke.com 出雲大社でおみくじを引いたら、嬉しくなる内容だった。 いい悪い、当たるハズレる、ということではなくて、神様が暖かく迎えてくださったのかな、と思うような、その歓迎の印のようで。 ということで、おみ…

【神在祭の出雲大社】④神様の領域で見つけた、素敵なもの嬉しかったもの

タイトル通り、「神様の領域で見つけた、素敵だったもの・嬉しかったもの」ということで。 この度は、出雲大社と稲佐の浜へ行ったときに見た、個人的グッときた写真をメインに、記事に纏めた。 あくまで個人的な感想ではあるけれど、エネルギーが高いように…

【神在祭の出雲大社】③広島から高速バスで参拝に行く

ひとり日帰り旅、ふらり出雲大社参拝。 www.yurubotoke.com www.yurubotoke.com 出雲大社アクセス編。 広島からの日帰り旅。 日帰りだったが、エッセンスはしっかり味わえました。 11月の神在祭中。 混み具合はどうだったのか?なども含め、旅行気分を味わっ…

【神在祭の出雲大社】②ひとり日帰り参拝レポート(後半)

新年、おめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ということで、引き続き出雲大社参拝レポを更新。 稲佐の浜・弁天島へ向かう 前回からの続き。 www.yurubotoke.com 今回の記事は、出雲大社参拝後に向かった、稲佐の浜の記録。 出雲大…

【神在祭の出雲大社】①ひとり日帰り参拝レポート(前半)

11月、神在祭の出雲大社へ参拝してきた。 決行の3日前に突如として思いついたプラン。 ひとり日帰り観光、弾丸ツアー。 高速バス停留所のJR出雲市駅から一畑電車へ。 「出雲大社前駅」で降りて、神門通りを5分程度歩くと見えてくる、出雲大社の入り口。 第…

【2021年】お正月らしい花を飾り、今年の自分を振り返る。【ピンポンマム・南天】

もうすぐ今年が終わりますね。 新年に向けて、おめでたい物たちを店頭に並べる街の空気感が好きです。 お正月らしい花を飾った ということで、部屋にお正月らしさを取り入れようと、久しぶりに花を飾った。 初日の出に見立てたピンポンマム 花選び・生けるセ…

ドラマティックな秋の夕空に恋をして

11月も中旬に差し掛かるこの頃。 日が暮れるのも早く、空気も澄んでいるのもあって、夕空がとても綺麗。 そんな空を見ながら帰宅するのがブーム。 数日前の、三日月と金星が光る空 今年の秋は気候も安定し、綺麗な夕暮れに遭遇する機会も多かった。 ▼ここの…

夕空に急がぬ秋のカラス

夕方、冷たい空気が吹き荒ぶ帰宅途中。 山に帰るカラスが空を行く中、高い場所でじっとしているカラスを一羽見つけた。 カラスってみんなどのタイミングで帰っていくんだろうな 彼は彼なりにじっとしたい理由があるんだろうな などと想像を巡らせつつ、帰路…

秋の夕暮れに心奪われる。/ はてなブログ的お知らせ

「春夏秋冬」の秋と、「朝昼晩」の夕方。 どちらも斜陽的な切なさが、たまらなくグッとくる。 やはり「秋は夕暮」なのだなぁ。 こちらは、雨上がりの夕空。 ドイツのロックバンド、FAIR WARNINGのお気に入りの曲、「Picures of Love」。 スウェーデンのバン…

【大頭神社】片付け話と、神社境内の滝で気の入れ替えた話

大頭神社へ行ってきた。 ここの神社は、境内の裏などに滝が流れている。 初めて行ったので、不思議な感じだった。 イントロ&近況 久々に取り組んだ自室の片付け。 1年前より、物に対する、自分にとっての要・不要がより鮮明にわかるようになった。 スッキリ…

【中秋の名月】雲間から虹を味わう夜(追記あり)

2021年の中秋の名月 今年の中秋の名月は… 私の住む地域では、空一面、雲に覆われていたけれど、幸い比較的薄かった。 まん丸の月そのものを見ることはできなかったけれど、小切れになった雲の隙間から、月あかりが漏れ広がり、月の輝きを確認することができ…