しあわせ街道 膝栗毛

心豊かに穏やかに。不器用なアラサーによる、ひとり楽しい生き方の模索録。

ドラマティックな秋の夕空に恋をして

11月も中旬に差し掛かるこの頃。 日が暮れるのも早く、空気も澄んでいるのもあって、夕空がとても綺麗。 そんな空を見ながら帰宅するのがブーム。 数日前の、三日月と金星が光る空 今年の秋は気候も安定し、綺麗な夕暮れに遭遇する機会も多かった。 ▼ここの…

夕空に急がぬ秋のカラス

夕方、冷たい空気が吹き荒ぶ帰宅途中。 山に帰るカラスが空を行く中、高い場所でじっとしているカラスを一羽見つけた。 カラスってみんなどのタイミングで帰っていくんだろうな 彼は彼なりにじっとしたい理由があるんだろうな などと想像を巡らせつつ、帰路…

秋の夕暮れに心奪われる。/ はてなブログ的お知らせ

「春夏秋冬」の秋と、「朝昼晩」の夕方。 どちらも斜陽的な切なさが、たまらなくグッとくる。 やはり「秋は夕暮」なのだなぁ。 こちらは、雨上がりの夕空。 ドイツのロックバンド、FAIR WARNINGのお気に入りの曲、「Picures of Love」。 スウェーデンのバン…

【大頭神社】片付け話と、神社境内の滝で気の入れ替えた話

大頭神社へ行ってきた。 ここの神社は、境内の裏などに滝が流れている。 初めて行ったので、不思議な感じだった。 イントロ&近況 久々に取り組んだ自室の片付け。 1年前より、物に対する、自分にとっての要・不要がより鮮明にわかるようになった。 スッキリ…

【中秋の名月】雲間から虹を味わう夜(追記あり)

2021年の中秋の名月 今年の中秋の名月は… 私の住む地域では、空一面、雲に覆われていたけれど、幸い比較的薄かった。 まん丸の月そのものを見ることはできなかったけれど、小切れになった雲の隙間から、月あかりが漏れ広がり、月の輝きを確認することができ…

夢中になれるものがあると強い理由

久しぶりに絵を描いた。 お彼岸ということで、彼岸花。 彼岸花 久しぶりに絵を描いたきっかけは、 「夢中になると、ゾーンに入る」 という考え方に改めて触れたから。 この考え方自体、「そうだよね、当たり前だね」と頭ではわかりつつ。 でも自分の場合、夢…

動く準備ができたとき、きっと守護霊は尻を叩いてくれる

サンキャッチャーとプリズム お久しぶりです。 前回(6月)から間が空いて、現在9月半ば。 夜風に乗った虫の音が心地よい今… この空いた期間を振り返りつつ、今日ブログ更新に至った理由を綴ってみた。 この春を振り返って 最近の記事達を振り返ると… 当時…

【切り花の紫陽花】毎日ちょっとずつ変化しているから、大丈夫。【色が変わった!】

紫陽花の色が変わった! www.yurubotoke.com ↑この時に買った、紫陽花(と薔薇)。 買ったばかりの紫陽花切り花 綺麗なグリーンが枯れないように気をつけよう、と水切りを2、3日に1回程度していた。 購入後、一週間くらい経ってから気がついた変化! なん…

「幸せ自慢」が鬱陶しく感じるのは何故か?

「この間、こんなことをして楽しかった」 「幸せに感じているんだ」 こういう報告を聞いて、どう思うだろうか? 心から素直に「いいね!」と思うのか? それとも、「なんかモヤモヤする」のか? 話し手、聞き手、それぞれの心の状態で変わってくるものだ。 …

【実践】本当の自分が「したい!」と望んだことをした休日の満足度は高い

www.yurubotoke.com ここで浮かんだ「やりたい!」と心が思っていたことを、実行してみた。 したいことを叶えた休日 というわけで、明日決行するぞー!と思いながら眠りにつく前日。 一人じっくり過ごす計画にワクワクするのなんて、初めての経験かもしれな…

【自己分析】だらだらした休日は、なぜ後悔するのか?

充実した時間を過ごせない、と感じる休日 犬カフェのワンコ 「休日は何をしていますか?」 の問いに、いつも困る。 自分がしていることに、満足していないからだ。 というのも、やりたかったことの3〜6割程度を実行して終える休日。 だらだら過ごして、い…

【アロマオイル】自分の機嫌をとる夜を過ごし方【部屋をパワースポットに】

朝は、サラーッと軽い床掃除をする時に、お香を焚く。 www.yurubotoke.com 掃除とお香によるダブルの"清め"で、気持ちの良い朝が過ごせるからだ。 アロマオイルを使った芳香浴 他の香りの楽しみ方として… 夕方の気分転換、夜寝る前のリラックスタイムには、…