しあわせ街道 膝栗毛

アラサー社会人の人生の楽しみ方 -模索編-

自分の一歩は5cmかもしれない。「心打たれた時」の爆風を追い風に。

気力不足時のもやもや日記

f:id:kinuyahiro:20200525220657j:plain

もやもや日記。

(文字で埋め尽くしたかった。硬筆は勉強中…)

 

絵を描きたいし、描くけれど、めっちゃ描きたい!欲が落ち着いているこの頃。

グッズも作りたいし、イラスト集も作りたいので、絵を増やさねば…と思っているのだけど、なかなか筆が進まない。

加えて、ブログは楽しいけれど我ながら方向性がわからなくなってきたし(当初の目的と変わってきている感があるので)、かと言って、特別何かするわけでもない休日。

そういえば積読があるな…読まねばならなんな…

筋トレするためにヨガマット買ったんだった…せねば…

動画は見る…けれどインプットばかりしてしんどいな…

掃除して気分変えたいけど…その気分じゃないな…

と、どうしようもなくボケーっとする20代の初夏、でもそんな自分に危機感を抱いている。

 

「Change For The Better」を聴いて 前編

さてさて。

本日出会った素敵バンドの素敵曲。

FM「Change For The Better」

(FM:イギリスのハードロックバンド。1984年頃〜。アメリカ志向のハードロックなのだそう)

 

f:id:kinuyahiro:20200525220559j:plain

FM「Change For The Better」

PVで、すごく好きなシーンがあったので絵に描いた。

 

上記の絵日記にて、絵を描く欲求がどうのこうのと書いたところだった。

しかし、この動画を見たら、これは絶対に描きたい!と強い衝動に駆られた。


FM - "Change For The Better" - Lyric Video

映像も素敵。曲もかっこいい。夕方マニア(?)の自分にはたまらない一曲。

もっと彼らを知りたいな…!

 

「Change For The Better」を聴いて 後編

やっぱり、強い欲求に勝るものは無い。

 

「せっかく時間あるんだし…ブログ開設しているんだし…未来に繋がることしたいと思っていたし…」などと、それっぽい描くための動機で行動に移そうとしていた自分。

しかし、人間というのは素直なもので。

頭で考えた時の、「こうした方が絶対にいいからこうしよう!」

と行動原理より、

心打たれた時の、「どうなるかわからないけれど、どうしてもこれがしたい!」

という行動の方が、エネルギーも強く、満足感を得られる。

 

心打たれた時に生ずる衝動の爆風を追い風にすることが、行動力をあげる正規ルートでかつ実は一番の近道なのかもしれない。

 

自分の中でしっくりきた例え

大人になってからは、頭で考えて行動するようになってしまったように思う。

 

先を考えすぎているんじゃない?

いやいやそんな先じゃない、一歩先の話だよ!

と思っていても、他の人からしたら30cm先(一歩先)だとしても、自分の一歩は歩幅が狭くて、5cmかもしれない。

そこに至っていない(自分にとって準備不足なのに)先過ぎることを考えている状態かも。

引き続き例えるなら…

本来は這って進む自分が、

「きっと世間の絵描きやブロガーはこういうことをしてあれもこれもしている、だから私もまずはこれをしたいと思っているんだけれど、なぜ一歩(30cm)も進めないんだろう?」

と体を動かそうとしている感じだろうか。

心ではわかっていて拒否反応が出ているのに、何か行動しないとと焦って行動するから気力がなくなる。

自分の目の前の集中できることをやっていけば、頭で考えた理想でも、準備ができた頃にはきっとすんなり行動に移せるはずなのだ。

要領悪くても仕方がない。自分は自分の器で勝負するしかないのだ。

 

 

最後に。

本日はただのもやもや日記になるつもりだった。

しかし、ブログ記事を書き進めていくうちに、もやもやの正体と、うまく行動に結びつかない原因がわかった。

 

なるほどなぁと受け入れる自分がいる反面、

好きなことに無気力を感じてしまった自分への嫌悪と、

自分のスキルで産み出す側になりたいという考えがいかに甘かったかを思い知る。

それもまた、近頃のもやもやに関連しているのだろうなぁ。

 

ここまできたら、

「じゃあ衝動が湧くものを産んだらええやん、私が本当にしたいことって何だろう?」

ともっと自己分析しつつ深掘りしていくべきなのだろう。

けれど、今はなんかしんどくて考えたくないので、一旦置いておくことにする。

今後、衝動的な欲望を繰り返すことができた先に、自分がいると信じて…

(未来の自分に期待!(丸投げ))

 

\Chage For The Better!/

タイミングよく、いい曲に出会ったものだ。