しあわせ街道 膝栗毛

アラサー社会人の人生の楽しみ方 -模索編-

iPhone7をケース無しで持って1年以上が経った

 

f:id:kinuyahiro:20190620134857j:plain

iPhone7を裸で持った時のデメリットは如何に。

タイトル通り、iPhoneをケースに入れずに持っていたら、1年以上が経ちました。

よく、iPhoneをケースに入れないのは、ジョブズやリンゴ信者だとかなんとか言ったり言われたりしていますが、私自身、apple製品は美しく綺麗で好きだしジョブズに対しても好印象を抱いているけれど、特別ジョブズ信者という訳ではありません。

では、なぜケースに入れなかったのか。

キッカケは、なんとなく。

で、そのままiPhoneをケース無しで持っていたら、1年以上が経って、気がついたらキャリアの更新月がきたところです。

ということで、このiPhoneともお別れなので、その"なんとなく"を掘り下げつつ、ケース無しでも支障はなかったかどうかを記事にしました。

 

 

スマホケースに対する個人の前提

Android時代:シリコン系のケースを付けていた。ボディに惹かれて決めたのに、ケースを付けることで野暮ったくなるなぁとは思っていた。でも、ケースで自分らしさを表したいとも思っていた。

iPhone5s時代:はじめはケースを付けていたし、そのケースを気に入っていた。けれど、試しに外してみたら、大きさ・薄さが手に馴染むので、ケース無しで持つように。落としたり割ったりはなかった。

そして今のiPhone7に至る。

ということで、スマホケースに対しては、どちらかといえば付けておきたいけど、外してもなんとかなるのかな〜という思いでした。

 

f:id:kinuyahiro:20190620150159j:plain

ケース無しで1年以上経ったiPhone7

 

iPhone5sに慣れていた私には、iPhone7は大きくて薄いし、持ちにかった。が、iPhone5sもケース無しで支障がなかったし、身近にiPhone6をケース無しで持っている人がいたので、自分もいけるかも?と試しにケース無しで過ごしてみた。

思ったより大丈夫そうだ。

思った矢先、iPhone7を落とす。機種変更してからわずか2週間目の出来事。

落とし所が悪く、充電コネクタ端子部分がひしゃげた。

画面が割れた訳ではないし、まぁいいかと思ったけれど、よく考えたら充電ができない。

代替機を借り、後日新調。アップルケアに入っていたので、出費は諭吉一人だったし(それでも痛いが)、機種変更したばかりだったので、バックアップも割と最近のものだったので、大事には至らなかった。

 

ということで、同じ過ちを犯してはならないとケースを付けることにした。選んだのは、木製の手帳型(マグネット無し)タイプ。木に彫りがあって、なかなかおしゃれだった。

木製で手帳型なので、ダブルで厚みがある。かつ、重い。しばらく使っていたが、手帳型のかぶせ部分が取れてしまい、そのままでも使えるのだけど、近々旅行へ行く機会があり、旅先だったら手帳型の方が便利だよな〜なんて思った。

それをきっかけに、別のスマホケース(手帳型の布タイプ)へ変えた。冬。色はグレー。布っぽさが強調されていて個人的にこちらもそこそこ気に入っていた。

が、布なのでだんだん薄汚れていくし、季節が春になるにつれ、ケースの雰囲気が合わなくなってきたのと、購入した時期と共に過ごしたという季節の重みと、その時にプライペートで生じたあまり良くない気持ちが染み込んでますます暗いグレーに見えてきて、スマホを見ると若干のマイナス感情を抱いていた時期だった。

物を持つと思い出が伴うもの。物を持つというのはそういうことだと思った。

 

次のケースを考えるのも面倒くさいということで、スマホを落として1年が経とうとした時、ケースを付けることをやめた。

 

フィルムは必需品

f:id:kinuyahiro:20190620151634j:plain

フィルムは貼っている。これがなかったら、画面はとっくに割れていた。救世主。

フィルムは実は2代目。1代目は淵まで覆うもっといい物を使っていたけれど、落とした時に割れてしまった。画面は無傷。

フィルムというか、ガラスのようなちょっと厚い板のようなもの。淵までないタイプで、所々割れているけれど、動作には支障がない。割れたところが鋭利で当たると痛かったので滑らかにするために自ら剥がしたりもした。そもそも見た目が悪い。けれど見慣れてしまう。でもよく、剥がしたいなぁと思っていた。

 

ケースを付けないことによるデメリット

これが、意外と無い。けれど、ゼロではないので上げていく。

×落とすのが怖い

落とすのは怖いです。上記の通り、機種変して2週間でiPhoneを使用不能にした身としては、また同じようにしてしまうのではないかと若干ヒヤヒヤしています。

実は、家の中では結構落としています。浅いポケットのズボンを履いているとよく落ちる。まぁ前回はアスファルトだったから、家の絨毯に落としたところで大丈夫だろ、という浅い思考。でも今のところ小傷で済んでいる。

×旅行に行ったらちょっと不便

旅行に行く時はちょっと怖いし不便。

検索などで立ったまま頻繁に触る / カメラ機能を使うにはフィットしない薄さ / 丸腰なので切符とかちょっとしたものを挟めない…など。

薄くて失くしたんじゃないかと何度も確認してしまったし、旅行先で雨なんか降った日には結構不安でした。

でもワシ、基本インドアやし。なるべくならスマホはカバンにしまっておく派になったし。

×角は傷になりやすい。

f:id:kinuyahiro:20190620151513j:plain

f:id:kinuyahiro:20190620151532j:plain

でもこの程度ですよ。1年以上ケース無しなのに、この程度の傷。
だからこそ、落としてもなんとかなるわ、という心持ちにもなっています。

私にとってのスマホは、SNSを見たり、スクリーンショットを撮ったり、手帳としてや、カメラ付き目覚ましだったり…、思ったより大した使い方をしていないし、大概はPCや手動で対応できてしまうんですね。(自分で言っていてなんだか虚しくなったけれど。)

熱中しているゲームやアプリもないし、人と頻繁に連絡を取り合う訳でもないし、個人情報が詰め込まれてはいるものの、もしデータを失ってしまっても、実は思ったほど支障がないのかもしれない、と思うようになりました。いや、もちろん壊れないに越したことはないけれど。

支障がないからこそ、あとはメリットだらけだからこそ、1年以上もケースを買おうという気持ちを微塵も持たずに使い続けられたのだと思います。

 

ケースを付けないメリット

◎薄い

これは個人的に大部分を占めるメリット。

ちょっとした隙間に入るからカバンを選ばないし、服のポケットに入れても入れた感触がない。会社の制服のスカートに入れても動きにくくない。失くしたかと思うほど。それゆえ、制服のスカートに入れっぱなしで帰ったことが2度ほどあります。これはデメリットか。

◎軽さ・大きさ・手に持った感触がちょうどいい

上記で「iPhone5sに慣れていた私には、iPhone7は大きくて薄いし、持ちにかった。」と言っているが、スマホケース使用時代と比べたら、断然持ちやすくなった。スマホケースを使ったからこそ、iPhone7の魅力を再発見したわけです。

とはいえ、まぁそれでもiPhone5sの方が見た目も触った感じも好きだった。ダメよ、過去の人と比べちゃ…。わたしが画面が大きくて新しい方を選んだのよっ…!

◎意外と人と被らない

多くの方がケースを使っているので、逆に自分らしくなる。

というか、そもそも、↓

◎外観(自分らしさの追求)への興味が薄れる

◎スマホケースへの購買欲求を抱かなくなった

ので、人と被るとか被らないとか、自分らしさをスマホで表現したいという気持ちが無くなった、どうでも良くなった。というか気にしなくなった。

ケースに入れていた時は、飽きがこないシンプルな物を選んでも、絶対に別のものが欲しくなるし、そうなると何時間でも何日でもどのケースにしようか悩んでいたし、人が素敵なケースに入れているのを見て羨ましく思っては、次はどのケースにしようか、とネットを漁る日々を過ごしたこともありました。

でも今はスマホケースに入れるという選択肢がないから、スマホケースコーナーをうろうろすることもなくなりました。

 

憧れている人が持つものに影響されることってありますよね。"ああいう物を持ったら素敵な人になれるかしら"、"この人みたいに、こういうものを持ったらオシャレだなぁ、ちょっと取り入れてみよう"、"こういう人だと思われたいからこういう物を持ってみよう"、と思うことは、スマホケースに限らずきっと多くの人にあるのではないでしょうか。私もその思考に陥りやすい一人でした。

でも、そういう心持ちで買ったものって、大抵自分を幸せにしないことが多いもの

どこかその憧れた人の顔がちらついたり、今の自分に満足していないからこそ他人に憧れる、ということは今の自分から目を逸らしていることになるし、今の自分を卑下する思考が付き纏うことにもなる。

使用感の方はというと、実際に自分が使ってみたら思ったより使い勝手が悪く、自分には合わないなぁという微妙な気持ちで使い続けることになって、ますます自分らしさとは何ぞや…?というループにハマっていく。で、また別の人が持っていて魅力的に見えるものに手を出す、と。無限ループ。これってループに嵌っている最中は、嵌っていることに気付かないから、抜け出せなくて苦しいんですよね。

でもそのことに気付いたら、そういう気持ちの面での煩わしさが無くなりました。自分なりに抜け出せた感があったというか。

 

お気に入りの物を持つとテンションが上がるけれど、お気に入りのものに囲まれた生活を送ることと、物で自分を表現することは似て非なるものだ、ということにようやく気付きました。

自分の選んだスマホケースが、自分にとって便利なもの・素敵なもの・ときめくものだと思ったら、自分にとって必要なものだし、ピッタリなもの。

でも私の場合、スマホ裸持ちでも支障はなかったし、個性を出すためにわざに選ばなくても、例えばハンカチとか財布とか、普段持ち歩くもので個性あるお気に入りは色々あるし、そもそも、スマホの中身がすでに個性の塊だから、こだわりがないなら、ケース無しという選択をしてもいいかもしれない。

「ケースで自分をどう表現するか」ではなく「スマホで自分が何をするか」。

要は、外見より本質だということ。

私はスマホで大したことをしない。だったら外見にそこまで拘らなくてもいいんじゃないか気付くと、スマホに対する熱が落ち着いた。その結果、私が行き着いたのがiPhone裸持ちだったということ。

スタイリッシュな人がよくiPhone裸持ちをしているイメージだけれど、もしも、自分がスタイリッシュに思われたい!ああいう人達みたいになりたい!という憧れにより初めからiPhone裸持ちをしたならば、どう思われたいかというところで今だに苦しんでいただろうなぁ。

 

結果。↓

◎iPhone、裸ってかっこいい。

ケースが無い方が、見た目つるんとしていて好きだわ。え、あれ、もしかして思ったよりかっこいいんじゃない?

婚活で例えるなら、外見そこそこ重視で人を選んではうーん…と取っ替え引っ替えする繰り返しだったけれど、"自分にとっての幸せとは"というところを深掘りし自分について気付いていくと、外見ではなく中身が重要だったと気付き、そこそこ不自由もしないし心が安定する相手とゴールイン。今まで何とも思わなかった外見だけど、でも、あれれ?意外と外見タイプだったじゃん!みたいな。

 

話戻ってiPhoneの話。その満足状態が今でも1年以上続いています。そのままの状態で満たされているということ。欲っさない。人と比べない。人が新機種に変えていても気にならない。私の今のスマホの使い方からすると、十分満足しているってことですね。それがこんなにも幸せなことだとは思いませんでした。足るを知った。敢えてシンプルを選んだわけではないけれど、シンプルに落ち着いた。

 

というところで、機種変更

更新月だったので、今までのiPhone7とはお別れ。キャリアを変えて、格安SIMのiPhone7へ。機種変更してまた同じ機種になりました。

格安SIMだったら、iPhone8が最新なんだって。でも別にこれ以上の機能は使いこなせないし、今までの使用感で満足しているので、だったら金額がちょっとでも安くなるiPhone7で。容量は今までより大きいものにしました。

 

だけど、もしかしたらケースを付けるかも…

月々の支払いを安く抑えるために、アップルケアを外しました。そしたら途端に落とすのが怖くなって…。(上記に綴ったように、1度お世話になっている。)あと2年以上も支障なしで過ごす自信がなくなってきたところです。

今までこれだけ"ケース無しで過ごしてめっちゃよかったわ〜!"と嬉しげに語ったのに、やっぱり怖さが勝る。新品だと尚のこと。

だけど、ケースを付けない使用感を知っているからこそ、付けたくないし、改めてケースを探してみたけど、こんなケースもあるのか!と選ぶのは楽しい反面、またケース難民になるのか…と思うと気が重かったり。実に悩ましい。とりあえず、フィルムは早急に買ってこようと思う。

 

追記:フィルムを買ったら安心してしまって、ケースを考えるのも面倒くさいし、今まで通り裸で持ち始めました。

1ヶ月経ったが今のところ落としていないし、なるべくならカバンの中にしまうようにしているし、不具合はなさそう。

 

まとめ

・iPhoneをケース無しで持ってもデメリットは少ない。
・落とすことが一番のデメリット。
・そのデメリットがかなりの賭けゆえに、あと2年以上使う新機種にもケース無しで過ごせるか?と問われると悩む。
・ケースを選ぶ苦しみから解放される。

楽しい反面、物を持つことの面倒臭さを伴ったり、現状のケースに満足しなくなると人の物と比べたりしてしまいがちだから。

 

結論としては、頻繁に触る人やアウトドア趣味の方にはケース無しは向かないかもしれないけど、スマホなくても時間過ごせるわ、という人は、ケース無しという選択もしやすいと思う。

色々な考えがあると思いますが、以上、私の経験とそれによって生じた思考による意見でした。一意見としてお役に立てたら幸いです。