しあわせ街道 膝栗毛

心豊かに穏やかに。不器用なアラサーによる、ひとり楽しい生き方の模索録。

ドラマティックな秋の夕空に恋をして

11月も中旬に差し掛かるこの頃。

日が暮れるのも早く、空気も澄んでいるのもあって、夕空がとても綺麗。

 

そんな空を見ながら帰宅するのがブーム。

f:id:kinuyahiro:20211109230909j:plain

数日前の、三日月と金星が光る空

 

今年の秋は気候も安定し、綺麗な夕暮れに遭遇する機会も多かった。

 

▼ここのところ、本当に夕方についてしか記事にしていない。

www.yurubotoke.com

www.yurubotoke.com

 

昨日の夕空は、雲が多いながらもドラマティックだった。

f:id:kinuyahiro:20211109230918j:plain

 

スマホ撮影。

建物等の修正のより不自然だけれど、空の色の面白さをお伝えできたら幸い。

 

f:id:kinuyahiro:20211109230926j:plain

白い雲が小さな蛇のよう

30秒後にはもう散り散りになっていた白い雲。

タイミングが良かった。

 

f:id:kinuyahiro:20211109230934j:plain

雲のベールで、月がぼんやりと光る

白雲と黒雲が同時にあるのが、不思議な感じがして好き。

高低差というか、立体感が意識できる感覚がいい。

 

f:id:kinuyahiro:20211109230943j:plain

川面に反射する夕暮れ

枯れ落ちかけた低木のシルエットがいい味出している。

秋の肌寒さと空気の澄み具合が表れた、お気に入りの一枚。

 

 

今年は特に、「秋は夕暮れ」を意識したからだろうか。

夕暮れに焦点を当てて日々を送るようになったら、

「今日もこんなに綺麗な夕暮れが見れて幸せだ。色々あった一日だったけど、まぁいいか。」

と自然と思い過ごせた秋だった。