しあわせ街道 膝栗毛

心豊かに穏やかに。不器用なアラサーによる、ひとり楽しい生き方の模索録。

【宮島女性一人日帰り旅行レポ⑥】昼下がりの木漏れ日撮影タイム【弥山下山開始】

前回のあらすじ

弥山の山頂に到着!

www.yurubotoke.com

 

久しぶりのご挨拶

前回より日が空きました。(1ヶ月!)

「ハイキング」という趣味が増えたことや、ブログを棍詰めて継続することによる生活習慣の乱れ…

部屋や脳に空き容量が欲しくなって、突如何度目かの断捨離を開始。

今まで以上に、自分がどういうものを残し、どういう考え方をして生きたいのかが鮮明になったところ。

 

ダラダラして何もしないのに、何もしないと罪悪感を抱く自分。

だけど、自分の思考に近くも言葉にできないことを表現しているYoutubeの視聴や、本を読んだりして、心クリアで穏やかな生活を送ることを認めました。

 

ひとしきり整理、休憩、インプットを楽しんだら、創作やアウトプットがしたくなったこの頃。

ブログを更新していきたいと思います。

 

山を降りていく

f:id:kinuyahiro:20210424204135j:plain

昼下がり、陰と陽のコントラストの強いこと!

f:id:kinuyahiro:20210424204417j:plain

葉が影を作っているのが良い

改めて、木漏れ日の美しさに気付く。

f:id:kinuyahiro:20210424204454j:plain

山中で出会った鹿

隣を通り過ぎても、なんのリアクションもなかった。

f:id:kinuyahiro:20210424204530j:plain

倒木もまた絵になる

f:id:kinuyahiro:20210424204559j:plain

水が光る

ちょろちょろっとした水が流れていた。

それが陽に当たり、一眼レフで光るボケとなっているのがなんだか好きで、夢中で撮影した。

 

一眼レフの、空間がちゃんと立体的に撮影できるところ、本当頼りにしている。

f:id:kinuyahiro:20210424204726j:plain

陽を浴びた時に、葉が光輝く。

その様子が、身近にある現象ながら、ここではなんだか特別なものを見せてもらっているようで、この貴重なシーンを写真に撮らねば!!という使命感に駆られた。

 

f:id:kinuyahiro:20210424205341j:plain

苔と昼下がりも、いい組み合わせ。

f:id:kinuyahiro:20210424205408j:plain

入り口付近に戻ってきた

f:id:kinuyahiro:20210424205435j:plain

 

午前中の登りの、"陽が本気を出す前のしっとりした山の雰囲気"とはまた違った雰囲気だったのがお分かりいただけただろうか。

 

次回:カフェで一息・帰宅編

実は、もう少しだけ続く。